解決策 - C ドライブを拡張できない Windows Server 2019/ 2022

アレン、更新日:2022年7月30日

ブドウやコーヒーチェリーのような甘い果実の発酵過程において、野生酵母は糖類を用いてアルコール発酵します。 アルコールは酢酸菌によって更に<i> 酢酸</i>(お酢)に転化します。 Cドライブの空き容量が不足しています、多くの人がしたい Cドライブを拡張 パーティションを再作成してバックアップから復元するのではなく。 ネイティブのディスク管理ツールには「ボリュームの拡張」機能があります。 しようとする人もいます。 Cドライブのスペースを増やす しかし失敗したので 「ボリュームの拡張」がグレーアウト. この記事では、ディスクの管理で C ドライブを拡張できない理由を説明します。 Windows Server 2019/2022 および C ドライブのパーティションを拡張できない場合の対処方法。

Cドライブを拡張できないのはなぜですか Windows Server 2019/2022ディスク管理

まず、ディスクの管理は縮小と拡張しかできないことを知っておく必要があります  NTFS パーティション、FAT32、およびその他のタイプのパーティションはサポートされていません。 すべてのシステム C: ドライブは既定で NTFS ファイル システムでフォーマットされているため、これはシステム パーティションの問題ではありません。

隣接する未割り当てスペースなし Server 2019/2022 でディスクの管理を使用して C ドライブを拡張できない最も一般的な理由です。

物理ディスクのサイズは固定です。 あなたはできる パーティションのサイズを変更する、ただし、512 GB のディスクを 256 GB に減らしたり、1 TB に増やしたりすることはできません。 したがって、C ドライブを拡張する前に、同じディスクに「未割り当て」領域が必要です。 このようなスペースを確保するには、このディスクのパーティションを縮小または削除します。 ディスクの管理でパーティションを縮小しても、(ほとんどの場合) ファイルが失われることはありません。 問題は、ディスクの管理がこの未割り当て領域を他のパーティションに拡張できないことです。

Extend Volume disabled

ディスクの管理の「ボリュームの縮小」機能では、未割り当て領域しか作成できないため 右に. ディスクの管理の「ボリュームの拡張」機能を使用すると、未割り当て領域のみを拡張できます。 隣接する パーティション。

スクリーンショットでわかるように、サーバーの D ドライブを縮小した後、20GB の未割り当て領域を取得しました。 C ドライブは隣接しておらず、E はこの未割り当て領域の右側にあります。 したがって、 グレーアウトされたボリュームの拡張 両方のパーティションに。

システム ディスクが MBR の場合、C ドライブを拡張できない別の理由があります。 Windows Server 2019/2022 とディスク管理。

Extend Volume disabled

効かないから Dを縮小し、Cドライブを拡張します. できるかどうか疑問に思っている人もいます。 ボリュームの拡張を有効にする Dを削除することによって。答えはイエスです  GPT ディスクですが、MBRディスクによって異なります。

MBR ディスクでは、削除して拡張するパーティションは、 同じ プライマリまたは論理。 C ドライブは常にプライマリであるため、D が 論理的ディスクの管理で D を削除した後も、C ドライブを拡張することはできません。

論理ドライブを削除した後、スペースは「未割り当て」ではなく「空き」に変更されます。 「空き」スペースを未割り当てに変換するには、すべての論理パーティションを削除してから、「拡張」パーティションを削除する必要があります。

私のサーバーでは、ソフトウェアなしで C ドライブを拡張したい場合、D と E ドライブを削除する必要があります。 明らかに、これは良い考えではありません。

Server 2019/2022でCドライブを拡張できない場合の対処方法

D (または E) ドライブを縮小し、隣接していない未割り当て領域を取得した場合は、次のことを行う必要があります。 パーティションDを右に移動 未割り当て領域をCドライブに連続させます。 一部のサーバーでは、別のリカバリがあり、  EFI または C ドライブと D ドライブの中間にある OEM パーティション。 その場合、これらのパーティションも右に移動する必要があります。 これらのパーティションを移動する方法は同じです。

Cドライブを拡張できない場合の手順 Windows Server 2019D: 縮小後の /2022

  1. ダウンロード NIUBI Partition Editor、D:ドライブを右クリックして、「Resize/Move Volume".
  2. ポップアップウィンドウで、 真ん中  D ドライブを右に移動すると、未割り当て領域が左側に移動します。
  3. C:ドライブを右クリックし、[Resize/Move Volume"もう一度、ドラッグします 右の境界 ポップアップ ウィンドウの右方向に移動すると、未割り当て領域が C ドライブに結合されます。
  4. 【送信】ボタンをクリックします。販売者は原則としてXNUMX日以内に回答を返信します。XNUMX日を過ぎても回答がない場合は、Artisanaryまでお問い合わせください。 Apply 左上で確認して実行します。

Video Server 2019

論理パーティション D を削除した後、サーバー 2019/2022 で C ドライブを拡張できない場合は、次の手順に従ってください。

  1. ディスクの管理で「空き」領域でパーティションを再作成します。
  2. この新しいボリュームを削除または縮小します NIUBI Partition Editor.
  3. Cドライブを右クリックして実行します "Resize/Move Volume"へ Cドライブに未割り当て領域を追加する.

に NIUBI Partition Editor、NTFS および FAT32 パーティションのサイズ変更、またはプライマリおよび論理パーティションのサイズ変更に違いはありません。 ディスクの管理とは異なり、NIUBI は、パーティションを縮小するときに、左または右に未割り当て領域を作成できます。 パーティション (D: など) を右クリックし、「Resize/Move Volume"、ポップアップ ウィンドウには 2 つのオプションがあります。

オプション1: ドラッグすると 左枠 右に向かって、またはボックスに金額を入力します "Unallocated space before"、その後、未割り当て領域が作成されます 左に.

Shrink towards right

オプション2: ドラッグすると 右の境界 左に向かって、またはボックスに金額を入力します "Unallocated space after"、その後、未割り当て領域が作成されます 右に.

Shrink towards left

この未割り当て領域は、隣接する NTFS または FAT32 パーティションに直接結合できます。 また、同じディスク上の隣接していないパーティションに結合するように移動することもできます。 方法を学ぶ 未割り当てスペースの移動とマージ in Windows Server 2019.

SSD、HDD、任意のタイプのハードウェア RAID を使用したり、VMware/Hyper-V/Virtualbox でサーバーを実行したりしても、手順は同じです。

他のツールよりも優れています NIUBI Partition Editor には、システムとデータを保護するための仮想モード、ウェルでのキャンセル、1 秒ロールバック、およびホット クローン テクノロジがあります。 パーティションの縮小、移動、および拡張に加えて、他の多くのディスク パーティション管理操作を実行するのに役立ちます。

ダウンロード