システムCドライブを拡張 Windows Server 2019

アンディによって、更新日:2020年8月19日

この記事では、Cドライブを拡張する方法を紹介します Windows Server 2019 データを失うことなく、サーバー2019のシステムパーティションCを拡張する詳細な手順。

システムC:ドライブが スペース不足、することができます パーティションサイズを増やす オペレーティングシステムとアプリケーションを再インストールする必要はありません。 同じディスク上の他のパーティションに未使用の空き領域がある場合、これらの領域を追加してCドライブを拡張できます。 この記事は紹介します Cドライブのパーティションを拡張する方法 in Windows Server 2019 データを失うことなく。

1.サーバー2019のシステムパーティションを拡張するための適切なツールを使用する

Windows Server 2019 ネイティブ ディスク管理 ユーティリティが組み込まれています ボリュームを縮小   ボリュームの拡張 役立つ機能 割り当てられたパーティションのサイズ変更。 ただし、このネイティブツールは、Dドライブまたは他のドライブを縮小してCドライブを拡張することはできません。 Dから縮小された未割り当てスペースは 隣接しない Cドライブに ボリュームの拡張がグレー表示されている Cドライブを右クリックすると。

隣接する未割り当てスペースを取得するには 削除する ドライブD ボリュームの拡張を有効にする Cドライブ用ですが、ほとんどのサーバー、プログラム、一部では Windows サービスはこのパーティションにインストールされるため、削除できません。 さらに、特定の環境下でも、 Cドライブを拡張できません Dを削除した後

C:ドライブパーティションを拡張する方法 Windows Server 2019 ディスク管理:

  1. 隣接するパーティションD:(一部のサーバーではE)のすべてのファイルを別の場所に移動します。
  2. 次の項目を選択します。: Windows とXを一緒にキーボードで押し、リストから[ディスクの管理]を選択します。
  3. D:ドライブを右クリックして[ボリュームの削除]を選択すると、そのディスク領域が未割り当てに変換されます。
  4. C:ドライブを右クリックして[ボリュームの拡張]を選択し、[ボリュームの拡張ウィザード]のポップアップで[完了]まで[次へ]をクリックします。

Server 2019 Disk ManagementでシステムパーティションCを拡張する際のヒント:

  1. パーティションから削除された未割り当て領域は、Cドライブの隣にあり、同じディスク上にある必要があります。
  2. 隣接するパーティションDが論理の場合、そのディスク領域は未割り当てではなく空きに変更されます。 この種類のスペースはCドライブに追加できません。
  3. 100%安全ではありません。 サードパーティのソフトウェアと同様に、ボリュームのサイズを変更する際に、システムが損傷したりデータが失われたりする可能性があります。

なぜそのようなリスクがあるのですか? 簡単に言うと、ディスクパーティションのサイズを変更するときに、関連するディスク、パーティション、ファイルのすべてのパラメータを正しく変更する必要があります。 電源障害などの一部のソフトウェア内部エラーおよびハードウェアの問題により、一部のパラメーターを変更できなかった可能性があります。 その場合、システムやデータが破損します。 したがって、事前にバックアップを作成し、安全なパーティションソフトウェアを実行してください。そうしないと、データを失うか、すべてを復元するために長い時間を無駄にします。

他より良い ディスクパーティションツール, NIUBI Partition Editor 高度なテクノロジーにより、より安全で高速です。

2. Dまたはその他のパーティションを縮小してCドライブを拡張する方法

ほとんどのサーバーでは、同じディスク上の他のデータパーティションに未使用の空き領域があります。十分な空き領域がある領域を縮小すると、空き領域の一部が[未割り当て]に変更され、すべてのファイルがそのまま残ります。 最後に Cドライブに未割り当て領域を追加する、その後、Cドライブにさらに多くの空き領域があります。 このようにして、オペレーティングシステム、プログラム、その他は以前と同じです。 このタスクを実行するには、ディスクマップにドラッグアンドドロップするだけです。

ダウンロード NIUBI Partition Editor 右側にディスクパーティション構造とその他の情報を含むメインウィンドウが表示されます。 選択したディスクまたはパーティションで使用可能な操作が左側に表示され、右クリックすると表示されます。 インターフェイスをクリーンに保つために、使用できない操作は自動的に非表示になります。

C:ドライブパーティションを拡張する手順 Windows Server 2019 NIUBIの場合:

  1. 右側の隣接するパーティションを右クリックし(D:ほとんどの場合)、[Resize/Move Volume"。ポップアップウィンドウで、ドラッグすることができます 左枠 右に向かって、またはボックスに金額を入力します Unallocated space before。 次に、ドライブDが縮小され、左側に未割り当てが生成されます。
  2. システムC:ドライブを右クリック そして「Resize/Move Volume「もう一度、ドラッグ 右の境界 この未割り当て領域をマージする権利に向かって、Cドライブが拡張されます。
  3. ナビゲーションヘッダーの Apply 左上の実行、完了。

Video Server 2019

  • 右側の連続パーティションがEの場合、上記の手順でDをEに置き換えるだけです。
  • 隣接していないパーティションを縮小する場合は、追加の手順があります 未割り当てスペースを移動 Cドライブに追加する前。 (方法は上のビデオに示されています)。
  • NIUBIは最初に仮想モードで動作するように設計されています。実際のディスクパーティションはクリックするまで変更されません Apply 確認するために。 問題があった場合は、[元に戻す]をクリックしてキャンセルします。
  • マークされている保留中の操作 チェック で行うことができます Windowsとしてマークされたもの リフレッシュ 完了するには再起動が必要です。
  • 同じディスク上に使用可能な空き容量がある場合、物理ディスク、RAIDコントローラを備えたあらゆるタイプのハードウェアRAIDを使用するか、VMware / Hyper-Vでゲスト仮想マシンとしてServer 2019を実行するかに関係なく、システムCドライブを拡張しても違いはありません。

3. Cドライブのパーティションを別のディスクで拡張する方法

上記で述べたように、同じディスク上に使用可能な空き領域が必要ですが、システムディスクがほぼいっぱいになった場合はどうすればよいでしょうか。 その場合、別の異なるディスクから空き領域を取得してCドライブを拡張できるソフトウェアはありません。 ただし、この問題は次の方法で解決できます。 ディスクをより大きなディスクにコピーする。 ビデオの手順に従ってCドライブのパーティションを拡張します Windows Server 2019 より大きなディスク:

Video Server 2019

ご覧のように、Cドライブと他のパーティションにスペースを追加できます。 注意: パーティションを移動して拡張するには、最後のものから開始する必要があります。

4. VMware / Hyper-VでServer 2019のCドライブボリュームを拡張する

あなたが走ったら Windows Server 2019 VMware、Hyper-V、Virtualbox、またはその他のツールのゲスト仮想マシンとして、同じ仮想ディスクに使用可能な空き容量がある場合でも違いはありません。 インストールするだけです NIUBI Partition Editor 仮想マシンに接続し、上記の最初のビデオの手順に従います。

仮想システムディスクがほぼいっぱいになっている場合は、VMwareまたはHyper-Vで拡張できます。 ディスクを拡張した後、追加のスペースは最後に未割り当てとして表示されます。

要約すれば

システムCドライブを拡張するには Windows Server 2019、まずディスクパーティションの構造と構成を確認してから、上記の対応する方法に従います。 バックアップを作成し、安全なパーティションソフトウェアを実行することを忘れないでください。 高度なデータ保護テクノロジーにより、 NIUBI Partition Editor このタスクを達成するための最良の選択です。 パーティションの縮小と拡張の他に、サーバーで他の多くの操作を実行するのに役立ちます。

DOWNLOAD