Windows Server 2019 ディスク管理

ジョン、更新日:2020年3月9日

この記事では、 Windows Server 2019 ディスクの管理と、パーティションを縮小/拡張する方法、およびサーバーパーティションエディターとの比較。

以前のバージョンと同じ、 Windows Server 2019 ネイティブのディスク管理ツールがあります。 他のネイティブツールと同じように、ディスクの管理はいくつかの基本的な操作を実行できます。サードパーティのソフトウェアほど強力ではありません。 この記事では、何をするかをお見せします Windows Server 2019 ディスクの管理では、サーバーのディスクパーティションマネージャーソフトウェアと比較して制限があります。

どういう Windows Server 2019 ディスク管理は

まず、ディスク管理を開きます Windows Server 2019、いくつかの方法があります。

パーティションまたは フロント ディスクの場合、オプションが表示されます。 使用できないオプションはグレー表示されます。つまり、現在の構成のディスク/パーティションタイプは、この機能の要件を満たしていません。

割り当てられたパーティションには、次のオプションがあります。

  • 新しいスパンボリューム
  • 新しいストライプボリューム
  • 新しいミラーボリューム
  • 新しいRAID-5ボリューム
  • ダイナミックディスクに変換
  • GPTディスクに変換
  • オフライン
  • プロパティ

ディスク管理

ディスクには、次のオプションがあります。

  • ファイルエクスプローラーでルートディレクトリを開く
  • パーティションをアクティブとしてマーク
  • ドライブ文字とパスを変更する
  • フォーマット
  • ボリュームの拡張
  • ボリュームを縮小
  • ミラーを追加
  • パーティションを削除
  • プロパティ

ディスク管理

パーティションを作成、削除、フォーマットする基本的な機能に加えて、 Windows Server 2019 ディスク管理にはいくつかの高度な機能があります。

ダイナミックボリュームの管理:

Server 2019 Disk Managementは、シンプル、ミラーリング、ストライプ、スパン、およびRAID 5ダイナミックボリュームを作成および管理できます。

ダイナミックディスクボリュームは多くのサーバーリソースを消費します。XNUMXつのディスクが損傷すると、このボリュームのすべてのデータが失われます。 現在、ハードウェアの価格がはるかに安いため、ほとんどのサーバーはダイナミックボリュームの代わりにハードウェアRAIDアレイを使用しています。

ディスク変換:

ディスク管理には、ディスクをMBRとGPTの間で変換するオプション、ベーシックとダイナミックの間でディスクを変換するオプションがあります。

ただし、データを失うことなくベーシックディスクをダイナミックディスクにのみ変換できます。 ダイナミックディスクをベーシックに変換したり、MBRとGPTの間で変換したりするには、 すべて削除 ディスク内のパーティション。

パーティションサイズを変更します。

以前のバージョンと同様に、Server 2019 Disk Managementには ボリュームを縮小ボリュームの拡張 (ほとんどの場合)データを失うことなく、割り当てられたパーティションのサイズを変更するのに役立つ関数。

ただし、両方の機能にいくつかの制限があるため、ディスクの管理 パーティションを拡張できません 別のものを縮小することによって。 また、 NTFS パーティションのサイズを変更できます。

Server 2019 Disk Managementでパーティションのサイズを変更する方法

Server 2019 Disk Managementでパーティションを縮小するには:

  1. ディスクの管理でNTFSパーティションを右クリックし、 ボリュームを縮小.
  2. スペースの量を入力してクリック 縮小する。 (金額を入力しない場合、使用可能な最大スペースが使用されます。)

ボリューム縮小機能の短所:

  • 未割り当てスペースは、 縮小しながら。
  • このドライブに移動不可能なファイルがある場合のみ、容量を縮小できます。

Server 2019 Disk Managementでパーティションを拡張するには:

  1. 右側の隣接するパーティション(D :)を右クリックし、[ボリュームの削除]を選択します。
  2. 拡張するパーティション(C :)を右クリックして選択します。 ボリュームの拡張.
  3. 単にクリックしてください 仕上げ ポップアップの「ボリュームの拡張ウィザード」ウィンドウ。

ボリューム拡張機能の短所:

より良い方法に従ってください パーティションのサイズを変更 Windows Server 2019.

サーバーディスクパーティションマネージャーとの比較

との比較 Windows Server 2019 組み込みのディスク管理ツールであるサードパーティ製ソフトウェアは、はるかに強力です。 市場には多くのサーバーディスクマネージャーがあり、GUIと機能はすべて類似しています。 しかし、他のソフトウェアよりも優れています NIUBI Partition Editor 高度なテクノロジーにより、より安全で高速です。

無料試用 NIUBI Partition Editor 右側にディスクパーティション構造とその他の情報を含むメインウィンドウが表示されます。 強調表示されたディスクまたはパーティションに対して使用可能な操作は、左側と右クリックで一覧表示されます。 インターフェースをクリーンに保つために、使用できない操作は非表示になります。

Partition Editor

パーティションで使用可能な操作:

  • ボリュームのサイズ変更(縮小および拡張)
  • パーティションの場所を移動する
  • 隣接する1つのボリュームをXNUMXステップでマージする
  • ボリュームを未割り当て領域にコピーします
  • 論理とプライマリ間のパーティションの変換
  • NTFSからFAT32に換算
  • ドライブ文字を変更する(D:など)
  • ラベルを変更(パーティションの名前を追加または変更)
  • アクティブに設定
  • ファイルシステムの整合性を確認する
  • パフォーマンスを改善するためのデフラグ
  • ファイルエクスプローラーから非表示
  • 削除(ファイルは回復可能)
  • 新規として使用するボリュームをフォーマットする
  • ワイプ(データを完全に消去)
  • 表面テスト(不良セクターのスキャン)
  • 探索(ディレクトリでファイル/フォルダを表示)
  • プロパティを表示する

パーティションツール

ディスク全体に対して利用可能な操作:

  • 新しいディスクを初期化する
  • ステータスをオフラインまたはオンラインに変更します
  • 読み取り専用属性を設定する
  • ディスクをワイプ(回復できません)
  • 表面テスト
  • プロパティを表示する
  • ディスクをクローンしてデータとOSを移行する
  • MBRディスクをGPTに変換する
  • すべてのパーティションを削除
  • ディスクのクリーンアップ