でボリュームを縮小 Windows Server 2019/2022 年データ損失なし

ジョン、更新日:2022年8月4日

サーバーのシステム ディスクに C ドライブしかない場合は、それを圧縮してボリュームを増やし、少なくともプログラム用に別のパーティションを作成し、すべてのプログラムをインストールせず、すべてを C ドライブに保存することをお勧めします。 Cドライブまたは交換用のパーティション、データベースがいっぱいになっている場合は、他の大きなドライブを縮小して空き領域をこれらのパーティションに転送することをお勧めします. 多くの人が、Server 2019/2022 でデータを失うことなくドライブを縮小できるかどうか尋ねます。 答えはイエスです。 この記事では、ボリュームを縮小する方法を紹介します Windows Server 2019/2022 にネイティブ ツールと安全なパーティション ソフトウェアを追加。

ソフトウェアなしでServer 2019/2022でドライブを縮小する方法

以前のバージョンと同じ、 Windows Server 2019 そして2022年には ディスク管理  ディスク パーティションを管理するためのツール。 それは持っていますボリュームを縮小 データを失うことなくNTFSパーティションを縮小する機能。 ただし、 サーバーパーティションソフトウェア、このネイティブ ツールには多くの制限があります。 実際、ディスクの管理はパーティションを数回破損させるため、パーティションを縮小するのに 100% 安全ではありません。 あったらもっと注意 プライマリと論理の両方 ディスク上のパーティション。

ボリュームを縮小する手順 Windows Server 2019/ 2022ディスク管理付き:

  1. メディア情報 Windows + X をキーボードでクリックし、リストの [ディスクの管理] をクリックします。
  2. NTFSパーティションを右クリックして、 ボリュームを縮小.
  3. スペースの量を入力してクリック 縮小する。 手動で金額を入力しない場合、 デフォルトでは、使用可能な空き領域が使用されます。

Enter an amount

しばらくすると、このドライブは縮小され、このドライブの右側に未割り当て領域が作成されます。

の「シュリンクボリューム」の不足 Windows Server 2019/ 2022

上で述べたように、ディスクの管理は、サーバー 2019/2022 でパーティションを縮小するための優れたツールではありません。

1. NTFSパーティションのみがサポートされています

ディスク管理は縮小のみ可能 NTFS パーティション、FAT32、およびその他のタイプのパーティションはサポートされていません。 FAT32パーティションを右クリックすると、 ボリュームの縮小はグレー表示されます.

Cannot shrink FAT32

2.パーティションを左に縮小することしかできません

Server 2019/2022 でディスクの管理を使用してボリュームを縮小すると、このドライブは左側にしか縮小できず、未割り当て領域が作成されます 右側に このドライブの。 ディスクの管理では、容量を入力する以外にオプションはありません。

3. 移動できないファイルのポイントを超えてボリュームを縮小することはできません

縮小するウィンドウに通知があります-」移動できないファイルがある場所を超えてボリュームを縮小することはできません."

Unmovable files

例:Cドライブは4つのブロック1、2、3、4で構成されています。移動できないファイルがブロック3にある場合、 ボリュームを縮小できません 空き容量があっても2または1をブロックします。

Unmovable files

これが多くの人々が彼らが ボリュームを半分の制限を超えて縮小することはできません。 このドライブには十分な空き容量がありますが、縮小できるのはわずかな容量だけです。 これらの「移動できない」ファイルには、ページングファイル、休止状態、およびその他の大きなファイルが含まれます。

Server 2019/2022 でパーティションを縮小するより良い方法

ディスク管理ツールと比較すると、 NIUBI Partition Editor NTFS と FAT32 パーティションの両方をサポートします。 パーティションを縮小しながら、左右どちらかに未割り当て領域を作成できます。 さらに、これらの「移動できない」ファイルを移動できるため、必要に応じてドライブを最小サイズに縮小できます。 動くこともできるし、 未割り当てスペースをマージ 同じディスク上の隣接または隣接していないパーティションに。

Server 2019/2022 でドライブを圧縮する方法 NIUBI Partition Editor:

ダウンロード サーバーエディションでは、右側に構造やその他の情報が記載されたディスクパーティションが表示され、左側に右クリックすると、選択したディスクまたはパーティションで使用可能な操作が一覧表示されます。

NIUBI Partition Editor

縮小したいドライブ(ここではD)を右クリックして選択します "Resize/Move Volume"。 ポップアップウィンドウには、XNUMXつのオプションがあります。

ドラッグすると 左枠 右に向かって、またはボックスに金額を入力します Unallocated space before:

Shrink towards right

その後、未割り当てスペースが作成されます 左に このパーティションの。

Shrink towards right

ドラッグすると 右の境界 左に向かって、またはボックスに金額を入力します Unallocated space after:

Shrink towards left

その後、未割り当てスペースが作成されます 右に.

Shrink towards left

でボリュームを縮小する方法をビデオで見る Windows Server 2019/ 2022データを失うことなく:

Video Server 2019

新しいボリュームを作成する場合は、未割り当て領域を右クリックし、[ボリュームの作成] を選択します。 あなたがしたい場合は ドライブを拡張する この未割り当て領域で、NIUBI でこのドライブを右クリックし、「Resize/Move Volumeポップアップ ウィンドウで、境界線を反対側にドラッグして、この未割り当て領域を結合します。

ディスクパーティションの縮小と拡張に加えて Windows Server 2019/ 2022および以前のServer2003 / 2008/2012/2016、 NIUBI Partition Editor 移動、マージ、コピー、変換、デフラグ、最適化、非表示、パーティションのワイプ、不良セクタのスキャンなど、他の多くの操作を実行するのに役立ちます。

ダウンロード