パーティション/ボリュームの縮小 Windows Server 2019

ジョン、更新日:2020年3月7日

この記事では、ボリュームを縮小する方法を紹介します Windows Server 2019 データを失うことなく、パーティションを縮小する2つの方法 Windows Server 2019 詳細な手順。

すべてのディスクパーティションは、オペレーティングシステムのインストール時またはサーバーOEMメーカーから割り当てられますが、割り当てられたパーティションを圧縮する必要がある場合があります。 典型的な例は、インストール中にパーティションの作成と編集を忘れる人がいます Windows、したがって、いくつかの小さなシステム予約パーティションを除いて、すべてのディスク領域がCドライブによって占有されています この状況で何をすべきか? あなたはできる パーティションを縮小する Windows Server 2019 再インストールせずに.

さまざまな種類のファイルを保存するためにさらにドライブを作成する場合。 大きなハードドライブを縮小して未割り当て領域を解放し、この領域で新しいボリュームを作成できます。 この記事では、ボリュームを縮小する2つの方法を示します Windows Server 2019.

Server 2019 Disk Managementでパーティションを圧縮する方法

以前のバージョンと同じ、 Windows Server 2019 ディスクの管理には組み込み ボリュームを縮小 データを失うことなくNTFSパーティションを縮小できる機能。 ただし、 サーバーパーティションソフトウェア、このネイティブツールには多くの制限があるため、最適なツールではありません。 次のセクションで制限について説明します。まず、それがどのように機能するかを見てみましょう。

パーティションを縮小する手順 Windows Server 2019 ディスク管理:

  1. 次の項目を選択します。: WindowsX キーボードで一緒に、リストからディスクの管理を選択します。
  2. NTFSパーティションを右クリックして、 ボリュームを縮小.
  3. スペースの量を入力してクリック 縮小する。 手動で金額を入力しない場合、 利用可能な空き容量が使用されます。

Enter an amount

しばらくすると、このドライブは縮小され、このドライブの右側に未割り当てスペースが生成されます。

の制限 Windows Server 2019 ボリューム縮小機能

上で述べたように、サーバー2019のディスク管理には、パーティションを縮小する際に多くの制限があります。ここでは、XNUMXつずつ説明します。

1. NTFSパーティションのみがサポートされています

ディスク管理は縮小のみ可能 NTFS パーティション、FAT32、およびその他のタイプのパーティションはサポートされていません。 FAT32パーティションを右クリックすると、 ボリュームの縮小はグレー表示されます.

Cannot shrink FAT32

2.左方向への縮小のみをサポート

Server 2019 Disk Managementでボリュームを縮小する場合、このドライブを左方向にのみ縮小して、未割り当て領域を  側。 選択するオプションはありません。

3.制限を超えてボリュームを縮小することはできません

縮小するウィンドウのヒントに気づきましたか?」移動できないファイルがある場所を超えてボリュームを縮小することはできません。」?

Unmovable files

例:Cドライブは4つのブロック1、2、3、4で構成されています。移動できないファイルがブロック3にある場合、 ボリュームを縮小できません 空き容量があっても2または1をブロックする。

Unmovable files

これが多くの人々が彼らが ボリュームを半分の制限を超えて縮小することはできません。 このドライブには十分な空き容量がありますが、縮小できる容量はごくわずかです。 これらの「移動できない」ファイルには、ページングファイル、休止状態、およびその他の大きなファイルが含まれます。

サーバーでボリュームを縮小するためのより良い方法 partition editor

Server 2019組み込みのディスク管理ツールと比較すると、 NIUBI Partition Editor NTFSパーティションとFAT32パーティションの両方をサポートします。 パーティションを縮小しながら、左または右に未割り当て領域を生成できます。 さらに、これらの「移動できない」ファイルを移動できるため、必要に応じてドライブを最小サイズに縮小できます。

Server 2019パーティションを縮小する方法 NIUBI Partition Editor:

ダウンロード NIUBI Partition Editor、右側に構造とその他の情報が記載されたディスクパーティションが表示されます。選択したディスクまたはパーティションに対して使用可能な操作が左側に表示され、右クリックすると表示されます。

NIUBI Partition Editor

縮小したいドライブ(ここではD)を右クリックして選択します Resize/Move Volume。 ポップアップウィンドウには、XNUMXつのオプションがあります。

ドラッグすると 右向きの境界線またはボックスに金額を入力 前の未割り当てスペース:

Shrink towards right

次に、未割り当てスペースが .

Shrink towards right

ドラッグすると 左に向かって境界線を引くか、ボックスに金額を入力します 後の未割り当てスペース:

Shrink towards left

次に、未割り当てスペースが .

Shrink towards left

パーティションのボリュームを縮小する方法のビデオを見る Windows Server 2019:

Video Server 2019

結論

Windows Server 2019 ディスクの管理では、NTFSパーティションのみを縮小し、右側に未割り当て領域を生成できます。 このドライブに移動不可能なファイルがある場合、わずかなスペースしか縮小できない場合があります。 未割り当て領域は、新しいボリュームを作成するためにのみ使用できます。ディスク管理を使用して他のパーティションに拡張することはできません。 理由を学ぶ.

もしあなた ボリュームを縮小できません ディスクの管理を使用するか、別のパーティションを縮小してパーティションを拡張する場合は、次を実行する必要があります NIUBI Partition Editor..収縮する ボリュームを拡張する Windows Server 2019、ディスクマップにドラッグアンドドロップするだけです。 ディスクパーティションの縮小と拡張に加えて、不良セクターの移動、マージ、コピー、変換、デフラグ、非表示、ワイプ、スキャンなど、他の多くの操作を実行できます。

DOWNLOAD