未割り当てスペースを追加する方法 Windows Server 2016

ジョン、更新日:2020年8月12日

この記事では、Cドライブに未割り当て領域を追加する方法を紹介します Windows Server 2016、データを失うことなく、未割り当てスペースをシステムパーティションに移動して追加します。

未割り当て スペースは、どのパーティションにも属さない書き込み可能な領域です。 この領域にファイルを書き込む前に、新しいパーティションを作成し、ファイルシステムでフォーマットする必要があります。 新しいパーティションを作成する以外に、未割り当てスペースを他の既存のパーティションに追加して、空きスペースを増やすことができます。 特にシステムに役立つ C:ドライブがいっぱいになっています。 によって Cドライブに未割り当て領域を追加する、バックアップ、パーティションの再作成、すべての復元に長い時間を費やすことなく、この問題を修正できます。 この記事では、 未割り当てスペースを追加する方法 in Windows Server 2016 ネイティブディスク管理と partition editor ソフトウェア。

1. Server 2016のディスク管理を使用して、未割り当て領域をパーティションに追加します

Windows Server 2016 組み込みのボリュームの縮小および拡張機能があります ディスク管理 コンソール。 ボリュームの縮小は、パーティションを減らして未割り当てスペースを作るために使用され、ボリュームの拡張は、パーティションを増やすために使用されます 未割り当てスペースのマージ。 ただし、多くの人々は未割り当てスペースを Windows 2016サーバー。 典型的な例は Cドライブに未割り当て領域を追加できません Dまたは他のパーティションを縮小した後。

スクリーンショットにあるように、 ボリュームの拡張はグレー表示されます C:とE:両方の場合、Dを縮小してからドライブします。

ボリュームを拡張できません

Server 2016のディスクの管理でCドライブに未割り当て領域を追加できない理由:

  1. 拡張ボリュームは、未割り当て領域を左側の隣接するパーティションにのみマージできます。
  2. ボリュームの縮小では、パーティションを縮小するときに右側に未割り当て領域のみを作成できます。

Dドライブから縮小された未割り当て領域は 非隣接 Cに対して、Eは右側にあるため、Server 2016のディスクの管理では、未割り当て領域をCまたはEドライブに追加できません。

未割り当て領域を組み合わせるためのディスク管理の追加の不足:

  1. ボリュームの縮小と拡張の両方の機能は、 NTFS パーティション。 したがって、FAT32やその他のパーティションでは、ディスクの管理で未割り当て領域をパーティションに追加できません。
  2. MBRディスクでは、隣接するパーティションDが論理である場合でも、 Cドライブを拡張できません Dを削除した後

つまり、ディスク管理ツールでは、左側の連続した未割り当て領域でE:ドライブを拡張することはできません。 Cドライブを拡張するには、 delete D:右の連続した未割り当て領域を取得します。 サードパーティソフトウェアは パーティションDを移動 右側に行くと、未割り当てスペースがCドライブの隣にあるため、 Cドライブに隣接していない未割り当て領域を追加する in Windows 2016サーバー。

2. Cドライブに未割り当て領域を追加する方法 Windows Server 2016

未割り当て領域をCドライブに移動して追加できるソフトウェアはたくさんあります Windows Server 2016ただし、最初にバックアップして、最も安全なツールを実行することをお勧めします。 そうしないと、潜在的なデータ損失のリスクがあります。 他のツールよりも優れています NIUBI Partition Editor たとえば、システムとデータを保護する強力なテクノロジーを備えています。

Cドライブの背後にある未割り当て領域を移動すると、ドライブDのすべてのファイルも新しい場所に移動されます。 ファイルの数が多いほど、移動に時間がかかります。 高度なファイル移動アルゴリズムのため、NIUBIは 30%の300%に もっと早く。 特に、この操作でサーバーの再起動が必要な場合に役立ちます。

未割り当てスペースをCドライブに移動して追加する方法 Windows Server 2016:

  1. ダウンロード NIUBI Partition Editor、ドライブを右クリック D そして「Resize/Move Volume"、ドラッグ 真ん中 ポップアップウィンドウの右側に向かって。 次に、未割り当て領域がCドライブの横に移動されます。
  2. 右クリック C: ドライブして「Resize/Move Volume「もう一度、ドラッグ 右の境界 未割り当てスペースを結合する権利に向かって。
  3. ナビゲーションヘッダーの Apply 左上に実行します。 (ディスクパーティションはクリックするまで変更されません Apply 確認するために。)

マークされた保留中の操作 チェック で行うことができます Windows、更新記号が付いているものはサーバーの再起動が必要です。

操作方法のビデオを見る:

Video guide

VMware / Hyper-VでSSD、HDD、あらゆるタイプのハードウェアRAID、または仮想サーバーを備えた物理サーバーを使用しても、手順は同じです。

3.未割り当て領域を別のディスクからCドライブに移動/追加します

一部のサーバーでは、他のパーティションがないか、同じディスク上に十分な空き領域がないため、多くの人は未割り当て領域をCドライブに移動できるかどうか疑問に思っています 別のディスクから。 答えはいいえだ。

2つのディスク間でスペースを転送できるソフトウェアはありません。 ディスクに使用可能な空き容量がない場合、2つのオプションがあります。

  1. 物理サーバーを使用する場合は、次の手順に従ってください ディスクをより大きなディスクにコピーする 追加のディスク容量でパーティションを拡張します。
  2. 仮想サーバーを実行している場合は、次の手順に従って仮想ディスクのサイズを増やします。 ヴイエムウェア or Hyper-Vの。 その後、追加のスペースがディスクの最後に未割り当てとして表示されます。次に、上のビデオの手順に従って、未割り当てスペースをCドライブ(または他のパーティション)に移動して追加します。

要約すれば

未割り当て領域をCドライブに移動して追加するには Windows 2016サーバーでは、ネイティブのディスク管理はほとんどの場合役に立ちません。 このタスクを実行するには、安全なパーティション分割ソフトウェアをバックアップして実行することをお勧めします。 パーティションの縮小、移動、拡張の他に、 NIUBI Partition Editor パーティションのコピー、変換、デフラグ、ワイプ、非表示、不良セクターのスキャンなどに役立ちます。

DOWNLOAD