Diskpart拡張パーティション/ボリューム Windows Server 2019

ジョン、発行日:9年2020月XNUMX日

この記事では、diskpartコマンドプロンプトでシステムCドライブを拡張する方法と、diskpartをオンにしてボリューム/パーティションを拡張する際の制限について説明します Windows Server 2019.

以前のすべてのバージョンと同じ、システム Cドライブの空き容量が不足しています on Windows Server 2019。 あなたがいい Cドライブを展開する それがいっぱいになる前に、そうしないと、サーバーがスタックして予期せず再起動するなど、多くの問題が発生します。 に パーティションを拡張する on Windows Server 2019、ネイティブツールがあります- DISKPARTコマンドプロンプトから実行します。 ただし、多くの制限があるため推奨されません。特定の条件下でのみ機能します。

diskpartをオンにしてシステムCドライブを拡張する方法 Windows Server 2019

diskpartをオンにしてパーティションを拡張するには Windows Server 2019、ディスクパーティションは以下のすべての要件を満たしている必要があります。

  1. 拡張するパーティションは、 NTFS ファイルシステム。 (システムパーティションCの問題ではありません。)
  2. に別のパーティション(D:など)が必要です。 側と 同じ ハードディスク。
  3. 絶対です delete Cドライブを拡張する前の正しい連続パーティション。 (このボリュームにプログラムをインストールした場合は、これを行わないでください。)

手順に従って、Cドライブ(システムパーティション)を拡張し、diskpartをオンにします。 Windows Server 2019:

  1. プレス Windows , R キーボードで一緒に入力します DISKPART を押し 入力します.
  2. 種類 リスト容積 diskpart.exeコマンドプロンプトで、Enterキーを押します。
  3. 種類 ボリュームDを選択 Enterを押します。
  4. 種類 ボリュームを削除する Enterを押します。
  5. 種類 ボリュームCを選択 Enterを押します。
  6. 種類 伸ばす Enterを押します。

すぐに、diskpartレポートはボリュームを正常に拡張しました。 リストボリュームを再度実行すると、Cドライブが40GBから110GBに拡張されます。

  • 手順2は必須ではありませんが、初期パーティションサイズやその他の情報が表示されるので便利です。
  • パーティションを削除、縮小、または拡張する前に、パーティションを選択してフォーカスを与える必要があります。
  • 未割り当て領域の一部をCドライブに拡張する場合は、次のように入力します。 サイズ= XXを拡張 (XXはMBなしの値です)ステップ6。

Diskpart extend

別のものがあります 縮小コマンド diskpartでは、なぜ Dを縮小してCドライブを拡張? これは、diskpartがパーティションを拡張するには、別のパーティションを削除する必要があるためです。

diskpartコマンドプロンプトでパーティションボリュームを拡張するための不足

1. 未割り当てのスペースは隣接し、右側にある必要があります

種類 助ける diskpartコマンドプロンプトウィンドウに、extendコマンドの構文と制限が表示されます。

Diskpart extend

ご覧のとおり、空き(未割り当て)スペースは同じディスク上にあり、フォーカスのあるボリュームまたはパーティションの直後に続く必要があります。 Dを縮小してdiskpartでCドライブを拡張すると、エラーが発生します」拡張のサイズが最小値よりも小さい"。実際、このエラーメッセージは正確ではありません。エラーメッセージを「連続した空き領域がありません」に変更すると、理解しやすくなる可能性があります。

Diskpart error

DiskpartのshrinkコマンドでDドライブを圧縮した後、Dドライブの右側に未割り当てスペースが生成されるため、 非隣接 Cドライブに。 縮小コマンド 削除されたデジタルマスターを復元することはできません 左側に未割り当てスペースを作成します。 これが正しい連続ドライブ(D :)を削除する必要がある理由です Cドライブをdiskpartで拡張する前 in Windows Server 2019.

2. 拡張できるのはNTFSパーティションのみです

上記のスクリーンショットに示すように、diskpart extendコマンドはNTFSパーティション、FAT32のみをサポートし、その他のタイプのパーティションは拡張できません。

3. 重要な情報の欠如

Diskpartコマンドプロンプトでは、すべてのパーティションのみが一覧に表示され、情報はほとんど表示されません。 開けば Server 2019のディスク管理、パーティション構造を含むすべてのディスクと、各パーティションの使用済みスペースや空きスペースなどのその他の情報が表示されます。 したがって、同じディスク上にあるパーティションと、他のボリュームに縮小および拡張できる空きスペースの量が明確にわかります。 ただし、パーティションを縮小および拡張する場合、ディスクの管理には同じ制限があります。

パーティションを縮小および拡張するより良い方法 Windows Server 2019

diskpartコマンドおよびディスクの管理と比較すると、 ディスクパーティションソフトウェア はるかに簡単で強力です。 削除せずにパーティションを縮小および拡張するには、ディスクマップにドラッグアンドドロップするだけです。

ダウンロード NIUBI Partition Editor でパーティションを縮小および拡張する手順に従います Windows Server 2019:

システムパーティションを拡張する方法:

Video Server 2019

データパーティションを拡張する方法:

Video Server 2019

他のディスクパーティションソフトウェアよりも優れています。 NIUBI Partition Editor 高度なテクノロジーにより、より安全で高速です。

パーティションの縮小と拡張に加えて、不良セクターの移動、マージ、変換、コピー、デフラグ、非表示、ワイプ、スキャンなど、他の多くの操作を実行できます。