Diskpart のボリューム拡張コマンド Windows Server 2019/ 2022

ジョン、更新日:2022年8月9日

以前のすべてのバージョンと同じ、システム Cドライブの空き容量が不足しています in Windows 2019年サーバー。 した方がいい Cドライブを展開する それがいっぱいになる前に、そうしないと、サーバーがスタックして予期せず再起動するなど、多くの問題が発生します。 に パーティションを拡張する in Windows Server 2019/2022、ネイティブ ツールがあります - DISKPART。 とは異なり ディスク管理、コマンドプロンプト経由で実行されます。 この記事では、diskpartでCドライブを拡張する方法を紹介します Windows Server 2019/2022 および server 2019/2022 で diskpart コマンドを使用してボリュームを拡張するには不足があります。

でdiskpartを使用してCドライブを拡張する方法 Windows Server 2019/ 2022

diskpart でボリュームを拡張するには Windows Server 2019/2022 およびその他のバージョンでは、ディスク パーティションが以下のすべての要件を満たす必要があります。

  1. 拡張するパーティションは、 NTFS ファイルシステム。 (システムパーティションCの問題ではありません。)
  2. 隣接する別のパーティション (D: など) が必要です。 右に Cドライブの。
  3. 絶対です delete Cドライブを拡張する前の正しい連続パーティション。 (このボリュームにプログラムをインストールした場合は、これを行わないでください。)

diskpart で C ドライブを拡張する手順 Windows Server 2019/ 2022:

  1. メディア情報 Windows 及び R キーボードで一緒に入力します DISKPART を押し 入力します.
  2. 種類 list volume diskpart.exeコマンドプロンプトで、Enterキーを押します。
  3. 種類 select volume D Enterを押します。
  4. 種類 delete volume Enterを押します。
  5. 種類 select volume C Enterを押します。
  6. 種類 extend Enterを押します。

すぐに、diskpartレポートはボリュームを正常に拡張しました。 リストボリュームを再度実行すると、Cドライブが40GBから110GBに拡張されます。

  • 手順2は必須ではありませんが、初期パーティションサイズやその他の情報が表示されるので便利です。
  • パーティションを削除、縮小、または拡張する前に、パーティションを選択してフォーカスを与える必要があります。
  • 未割り当て領域の一部をCドライブに拡張する場合は、次のように入力します。 サイズ= XXを拡張 (XXはMBを除いた金額です)手順6.

Diskpart extend

Server 2019/2022 で diskpart コマンドを使用してパーティションを拡張するための不足

1. 未割り当てのスペースは隣接し、右側にある必要があります

種類 助ける diskpartコマンドプロンプトウィンドウに、extendコマンドの構文と制限が表示されます。

Diskpart extend

ご覧のとおり、空き(未割り当て)スペースは同じディスク上にあり、フォーカスのあるボリュームまたはパーティションの直後に続く必要があります。 Dを縮小してdiskpartでCドライブを拡張すると、エラーが発生します」拡張のサイズが最小値よりも小さい"。実際、このエラーメッセージは正確ではありません。エラーメッセージを「連続した空き領域がありません」に変更すると、理解しやすくなる可能性があります。

Diskpart error

DiskpartのshrinkコマンドでDドライブを圧縮した後、Dドライブの右側に未割り当てスペースが生成されるため、 非隣接 Cドライブに。 縮小コマンド 削除されたデジタルマスターを復元することはできません 左側に未割り当てスペースを作成します。 これが正しい連続ドライブ(D :)を削除する必要がある理由です Cドライブをdiskpartで拡張する前 in Windows Server 2019.

2. 拡張できるのはNTFSパーティションのみです

上記のスクリーンショットに示すように、diskpart extendコマンドはNTFSパーティション、FAT32のみをサポートし、その他のタイプのパーティションは拡張できません。

3. 重要な情報の欠如

Diskpart コマンド プロンプトでは、すべてのパーティションがリストに表示されるだけで、ほとんど情報がありません。 Server 2019 ディスクの管理を開くと、すべてのディスクとパーティション構造、および各パーティションの使用済み領域と空き領域などのその他の情報が表示されます。 したがって、どのパーティションが同じディスク上にあり、どのくらいの空き領域を他のボリュームから縮小および拡張できるかが明確にわかります。 ただし、ディスクの管理には、パーティションを縮小および拡張するときに同じ制限があります。

でパーティションを拡張するためのより良い方法 Windows Server 2019/ 2022

diskpartコマンドおよびディスクの管理と比較すると、 サーバーパーティションソフトウェア  など NIUBI Partition Editor はるかに強力です。 パーティションを縮小して、左側または右側に未割り当て領域を作成し、未割り当て領域を同じディスク上の他のパーティションに移動/マージできます。

ダウンロード NIUBI Partition Editor でパーティションを縮小および拡張する手順に従います Windows Server 2019/ 2022:

システムパーティションを拡張する方法:

Video Server 2019

データパーティションを拡張する方法:

Video Server 2019

他のディスクパーティションソフトウェアよりも優れています。 NIUBI Partition Editor 高度なテクノロジーにより、より安全で高速です。

パーティションの縮小と拡張に加えて、このツールは、移動、マージ、変換、コピー、デフラグ、非表示、ワイプ、不良セクタのスキャンなど、他の多くの操作を実行するのに役立ちます。