Windows Server 2019 システムパーティション/ボリュームの拡張

ジョン、発行日:11年2020月XNUMX日

この記事では、システムパーティションを拡張する方法を紹介します。 Windows Server 2019、データを失うことなくServer 3でシステムボリュームを拡張する2019つの方法。

以前のバージョンと同じ、 ディスク空き容量が少ない も一般的な問題です Windows Server 2019。 しばらくサーバーを実行した後、システムパーティションCは スペース不足。 その場合、サーバーがスタックしたり再起動したりする可能性があるため、この問題はできるだけ早く修正することをお勧めします。

サーバーOEMの製造元に連絡すると、すべてをバックアップし、パーティションを削除して再作成し、最後にバックアップから復元するように指示される場合があります。 これは確かにソリューションですが、XNUMX日がかかる可能性があります。このプロセスの間、サーバーはオフラインです。 明らかに、それははるかに高速です システムパーティションを拡張する このサーバー用。 この記事では、システムボリュームを拡張する3つの方法を紹介します。 Windows Server 2019 詳細な手順。

ソフトウェアなしでServer 2019システムパーティションを拡張する

実際には、これは良い方法ではなく、サードパーティのソフトウェアを使用したくない場合にのみ使用できる方法です。

Windows Server 2019 役立つ2つのネイティブツールがあります ディスクパーティションのサイズ変更 - ディスク管理 そしてdiskpart。 ディスクの管理には、グラフィカルインターフェイスを備えたボリュームの拡張ウィザードがあり、diskpartはコマンドプロンプトから機能します。 彼らは異なる方法で動作しますが、彼らは持っています 同じ制限。 OSパーティションの拡張に使用するツールに関係なく、ディスクパーティション構造は要件を満たしている必要があります。

  1. に別のパーティションがあります Cドライブとの 同じ ディスク。
  2. 絶対です delete このパーティションは、連続した未割り当て領域を取得します。 (注意: プログラムなどをインストールした場合は、これを行わないでください Windows このパーティションのサービス。)

適切な連続パーティションがないか、削除できない場合、ディスクの管理もdiskpartもシステムドライブの拡張に役立ちません。 データパーティションを拡張する場合、追加の制限があります。その理由をご覧ください。 ボリュームの拡張はグレー表示されます.

システムパーティション/ボリュームを拡張する手順 Windows Server 2019 ディスク管理コンソール:

  1. 右クリック Windows 左下のアイコンをクリックし、リストで[ディスクの管理]をクリックします。
  2. 隣接するパーティション(D:ほとんどの場合)を右クリックし、 ボリュームの削除、そのディスク領域は未割り当てに変更されます。
  3. システムC:ドライブを右クリックして選択します ボリュームの拡張.
  4. ナビゲーションヘッダーの 仕上げ ポップアップの[ボリュームの拡張ウィザード]ダイアログボックス。

コマンドプロンプトツールを使用する場合は、 diskpartでパーティションを拡張する方法 Windows Server 2019.

システムボリュームを拡張するパーティションエディター Windows Server 2019

適切な連続パーティションがない場合、または削除したくない場合は、実行する必要があります ディスクパーティションソフトウェア. 覚えておいてください: 最初にバックアップを作成し、安全なパーティションソフトウェアを実行します。これは、パーティションを縮小および拡張するときに、システムの損傷やデータ損失のリスクが生じる可能性があるためです。

他より良い ディスクパーティションツール, NIUBI Partition Editor 高度なテクノロジーにより、より安全で高速です。

次に、サーバー2019のシステムパーティションを拡張する方法は? 2つのオプションがあり、独自のディスクパーティション構造に応じて対応する方法に従います。

オプション1: データボリュームを縮小してシステムパーティションを拡張する

ほとんどのサーバーでは、同じシステムディスク上に少なくともXNUMXつのデータボリュームがあり、データパーティションから空き領域を確保することでシステムドライブを拡張できます。

システムパーティションを拡張する手順 Windows Server 2019 NIUBIの場合:

  1. 無料試用 NIUBI Partition Editor、ドライブを右クリック D そして「Resize/Move Volume"。ポップアップウィンドウで、ドラッグします 国境に向かって またはボックスに金額を入力します 前の未割り当てスペース。 次に、ドライブDが縮小され、左側に未割り当てスペースが生成されます。
  2. ドライブを右クリック C そして「Resize/Move Volume"もう一度、ドラッグ 国境に向かって この未割り当て領域をマージするには、Cドライブを拡張します。
  3. ナビゲーションヘッダーの Apply 左上の実行、完了。

ビデオサーバー2019

あなたがしたい場合 C:ドライブを展開します 隣接しないパーティション(E:など)を縮小することにより、 未割り当てスペースを移動 Cドライブに追加する前。

オプション2: 別のディスクでシステムパーティションを拡張する

サーバーが少ない場合は、他のパーティションがないか、同じディスクに十分な空き領域がありません。 その場合、 いいえ ソフトウェアは、別のスペースから空きスペースまたは未割り当てスペースを取得することにより、システムボリュームを拡張できます 分離しました ディスク。 でも君ならできる このディスクをコピー 別のより大きなものに、追加のディスクスペースをCドライブ(および他のパーティション)に追加できます。

ビデオの手順に従ってOSパーティションを拡張します Windows Server 2019 別のディスクで:

ビデオサーバー2019

任意のブランドのコントローラーで任意のタイプのハードウェアRAIDアレイを使用する場合、違いはありません。上記のいずれかの方法に従ってください。

VMware / Hyper-V仮想マシンでシステムドライブを拡張する

あなたが走ったら Windows Server 2019 VMwareまたはHyper-Vの仮想マシンとして、同じディスクに使用可能な空き容量がある場合は、上記の最初のビデオの手順に従ってください。 ある場合 利用不可 ディスク上の空き領域を使用すると、他のディスクにコピーせずに仮想マシンのシステムパーティションを拡張できます。 以下の手順に従って、仮想ディスクを拡張します。

ディスクを拡張した後、追加のスペースは最後に未割り当てとして表示されます。 手順に従ってください 未割り当てスペースの移動とマージ 他のボリュームに。

パーティションの縮小、拡張、移動、ディスクのコピーに加えて、 NIUBI Partition Editor 他の多くのディスクパーティション操作を行うのに役立ちます。

DOWNLOAD